アメリカ 会計事務所 Japanese : English
ニュースレター登録はこちら


 
 

楽天の田中選手のポスティングシステムを使ってのMLB球団との交渉期限が1月24日にせまっています。
LA在住の我々には是非ドジャース或いはエンジェルスに来てもらいたいものです。 かつてトルネード旋風を巻き起こした野茂投手の再現となればまた日本からの観光客も増えて地元に景気のいい話が起きると思います。

いろいろなチームの名前がうわさとして飛び交っています。 ポスティングの入札額に上限の$20 Million(約20億円) が設定されたため多くの球団が入札しているようですが、その中でもヤンキースが一番興味を示していると言われています。 田中選手にとってもMLBでの伝統あるチームで現在はイチロー選手がいますし、引退した松井選手も活躍したチームですのでもっともと思います。

ところで読者の皆さんもラグジュアリー・タックスというのを聞いたことがあると思います。 資金力にまかせて高額な年俸で選手と契約する球団に対して、年ごとに定められている年俸総額の上限を超えた場合は、課徴金を支払わなければならない、というものです。  2013年だと上限は1億7800万ドル(約186億5000万円)でこれに該当したのはヤンキースとドジャースでその課徴金はなんとそれぞれ2811万3945ドル(約29億7000万円)と1141万5959ドル(約12億円)ということです。 田中投手の年俸も高額になりそうだというニュースが毎日見られますが、もしこの2つのチームに田中選手が入団すると間違いなく2014年もラグジュアリー・タックスの対象になるでしょう。 この制度の趣旨は資金力のあるチームが優秀な選手と契約して優勝がお金のあるチームばかりになるのを防止するということだと思いますが、実際にはヤンキースはここ何年も優勝していないし、チームの思惑通りにはいかないというのが勝負の世界ということでしょうか。 またこの課徴金の使い道は選手の福利厚生や、「ファンの興味を高める」、「ベースボール人口を増やす」、「21世紀に向けて業界を発展させる」の3つを目的に掲げる業界発展基金の財源に充てられるそうですので支払該当球団も業界発展のために貢献しているわけですね。 MLBのビジネスでは試合の放映権収入が莫大なもので金持ち球団にとっては資金調達の問題はないのでしょうかね。 
本人もヤンキースを希望という話も聞きますが、奥さんは西海岸を希望というニュースもありました。 いずれにしろこのニュースレターが発行される頃には入団チームが決まっているかもしれません。 昨年の上原選手をはじめとする日本選手の活躍は記憶に新しいところですが、今年も我々を元気づける試合を期待しましょう。

(2014年1月15日記)

今までのバックナンバーはこちら

アメリカ
Home 会社設立Contact Us 会社設立Site Map会社設立Privacy Policy
会計


Costa Mesa Main Office
3070 Bristol Street Suite 440, Costa Mesa, CA 92626
Tel : 714-437-5823 / Fax : 714-437-5824
Torrance Office
21151 S. Western Ave., Suite 109, Torrance, CA 90501
Tel : 310-755-6564

Email : info@twomiles.net


Copyright © 2014 Two Miles. All rights reserved.
Total Media Produce by All Vision Production