アメリカ 会計事務所 Japanese : English
ニュースレター登録はこちら


 
 

税金は稼いだ総所得から経費や控除を差し引いた課税所得に税率を掛けて算出するのは皆さん御存知だと思いますが、日本の税金で案外気づいていないのは住民税の課税です。

所得税と同じように所得に対して課税されるのは同じですが、課税の時期が所得税は原則所得を稼いだのと同じ年に課税されますが、住民税は翌年に課税されます。

課税の時期は異なっても税額は変わりませんので別に気にしなくてもよいように思いますが、納税の資金繰りを考えると納税時期のずれは大きな問題です。

年末になるとプロ野球選手の契約更改のニュースが話題になります。

 活躍した選手は年俸がいくらアップするのかわくわくでしょうが、活躍できなかった選手は大幅な減俸を覚悟しているでしょう。巨人に移籍して2年前は4億3000万円の年俸をもらっていた小笠原選手の今年の
年俸は7000万円です。 

それでもサラリーマンには夢のような金額ですが、ニュースによると今年の小笠原選手の税額は経費や細かな項目を無視して計算すると所得税2800万円、住民税4300万円で
合計7100万円になるそうです。 

今年の年俸は前述の7000万円ですから今年の所得だけでは税金を払えないことになってしまいます。 

もちろんその前年には4億3000万円を稼いでいますから今年の納税資金はちゃんと用意しているでしょうが
稼いだ分をすべて使ってしまっていたら大変なことになっていましたね。 

ちなみに小笠原選手は来年は中日に移籍して3000万円の年俸になるそうです。 

来年の所得税は1200万円、住民税は700万円の見積なので合計1900万円です。 

これなら3000万円でもなんとか賄えますが、
2年前は年4億3000万円の生活をしていた人が年3000万円の生活をどう過ごすでしょうか。 

華やかなプロスポーツ選手の世界も天国と地獄が入り混じっているという
まさに盛者必衰の理をあらわす平家物語の一節を心にとどめておかないといけないですね。

(2013年12月20日記)

今までのバックナンバーはこちら

アメリカ
Home 会社設立Contact Us 会社設立Site Map会社設立Privacy Policy
会計


Costa Mesa Main Office
3070 Bristol Street Suite 440, Costa Mesa, CA 92626
Tel : 714-437-5823 / Fax : 714-437-5824
Torrance Office
21151 S. Western Ave., Suite 109, Torrance, CA 90501
Tel : 310-755-6564

Email : info@twomiles.net


Copyright © 2014 Two Miles. All rights reserved.
Total Media Produce by All Vision Production