アメリカ 会計事務所 Japanese : English
ニュースレター登録はこちら


 
コラム: 田楠治の「日々税々」税金こぼれ話
 




28.シルクロードで見つけたものは?


税金の話となると脱税の話が多くてやりきれないですが、
それほど税金を払いたくないという人が多いと言うことでしょうか。 

今回も脱税の話です。 

それも文化勲章受章者に係る事件なのでやるせないことこの上ないです。 

社会的に地位も名誉もある人がするべきことでないのは自明の理ですが
脱税をしたのは日本画家の平山郁夫氏の遺族です。 

平山画伯は2009年12月に亡くなり
遺族が2010年に相続税の申告を済ませています。

ところが昨年2012年に税務調査が入り
なんと洋服ダンスに現金2億円が紙袋に入って見つかったということです。
 
意図的な遺産隠しで追徴税額は
約1億5千万円を既に納付済みだそうです。

平山画伯の遺産のうち
絵画、アトリエの土地、建物等約11億円は、
公益財団法人「平山郁夫シルクロード美術館」に寄付され非課税となっています。 

遺族は残りの遺産として
自宅を奥さんと長男が2分の1ずつ相続して申告をしたようですが、
実は現金を申告から除外していたということになります。
 
日本の税務調査官の脱税摘発力はすごいと思いませんか。 

筆者が思うに画伯が存命中に売却した絵画の所得は
毎年の税務申告をしていたと思いますが、
それらを合わせてみると
相続税の申告に含まれていた遺産に現金が少なかったので調査に及んだ
ということでしょうか。 

現在87歳の奥さんは
画伯が亡くなった4年前も80歳を超えていました。
 
天国まで現金を持っていくつもりだったのでしょうか。
 
税務調査の時効通常5年ですが、
意図的な財産隠しのように悪質な場合は7年間になります。 

あと5年経てば時効が成立しますが、その時に奥さんは92歳です。 

それまで脱税が見つからないか
ドキドキしながら暮らすよりもちゃんと申告して税金を納め、
残りの現金で安心して日々の暮らしを送ったほうがどれほどやすらかかわかりません。
 
シルクロードでは貴重な仏像が多く見つかっていますが、
まさか自宅の洋服ダンスに現金があったとは天国で嘆いていることでしょう。 

遺族は画伯の描いた仏像を良く見て大いに反省してもらいたいものです。

(2013.7.17記)


アメリカ
Home 会社設立Contact Us 会社設立Site Map会社設立Privacy Policy
会計


Costa Mesa Main Office
3070 Bristol Street Suite 440, Costa Mesa, CA 92626
Tel : 714-437-5823 / Fax : 714-437-5824
Torrance Office
21151 S. Western Ave., Suite 109, Torrance, CA 90501
Tel : 310-755-6564

Email : info@twomiles.net


Copyright © 2014 Two Miles. All rights reserved.
Total Media Produce by All Vision Production